HOME > 歯周病の症状

歯周病の症状

症状

歯周病(歯槽膿漏)は、歯肉に炎症が起きる「歯肉炎」と、歯を支えている歯槽骨まで炎症が及び、破壊が始まる「歯周炎」に分けられます。
歯肉炎のうちに治療をスタートすれば完全に治すことも可能ですが、自覚症状が出ないため、そのままにしてしまう人も多くいます。
歯周炎も重度になると、歯を抜かなければならなくなるので注意しましょう。

進行度別歯周炎

軽度の歯周炎

歯肉の腫れが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入。歯槽骨が破壊され始めます。この時点ではまだ自覚症状がほとんどありません。
歯周ポケット:3mm~5mm

中度の歯周炎

炎症がさらに広がり、歯槽骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊。歯を磨くと血が出たり、冷たい水がしみたりすることもあります。
歯周ポケット:4mm~7mm

重度の歯周炎

歯槽骨が歯の根の長さの半分以上破壊。歯がグラグラして膿が出たり、口臭がキツくなったりします。最悪の場合は歯を抜かないといけなくなります。
歯周ポケット:6mm以上

呉駅前歯科・矯正歯科 広島審美歯科・インプラントセンター 〒737-0811 広島県呉市西中央1-6-2 3F 0823-26-7766