HOME > 症例紹介

症例紹介

主訴:上顎左右糸切り歯の歯茎の退縮

上顎の左右の糸切り歯の歯茎の退縮が以前から気になり、ご来医院された患者様です。
退縮した上顎の左右の糸切り歯の歯茎に別部位の歯茎を取り、付け足すような形で歯茎の移植を行いました。
こちらの患者様は歯茎の移植を行うのに、1回の治療回数で済んでおります。
歯茎が安定するのに、少しの時間は掛かりますが、外科的な治療回数は一回で済む処置ですので、歯茎の退縮が気になる方は、お気軽にご相談ください。
 


再生療法 ケース①

主訴は下顎前歯のクラウディング、下顎の奥に入れ歯を入れていたが、入れ歯が痛く噛めない。
他院で歯槽膿漏のメンテナンスに通っていたが、酷くなっている気がして一向に良くならない。
臼歯部に1本づつインプラントを行い、下顎前歯のクラウディングは矯正を行う。
上顎も歯がグラついていたので、インプラントを行う。

左下の4番、左上の4番5番に再生療法を行ったケース。
【症例写真】
        
 
 






再生療法 ケース②

右上の7番に骨吸収が見えるため、再生療法。
手前(6番)には骨を作りインプラントを行う。
上顎の左奥にも骨を作りインプラントを行う。
【症例写真】
        
 
 






歯周外科(CTG) ケース③

歯茎が下がっている患者様。
右下3番、左下2番にCTGを行い歯茎のラインを整える。
【症例写真】
        
 
 






再生療法 ケース④

左下6,7番に再生療法を行う。
右下6,7番にも再生療法を行う。
【症例写真】
        
 
 






呉駅前歯科・矯正歯科 広島審美歯科・インプラントセンター 〒737-0811 広島県呉市西中央1-6-2 3F 0823-26-7766